最近はよくコンサルタントという言葉を耳にしていますが、ニュースや新聞でよく話題に出る、建設コンサルタントがどんな仕事をしているか知っていますか?建設コンサルタントは、職業分野としては専門職にあたります。

コンサルタント自体が専門職であるといえます。

業種は開発業であるデベロッパーから、プロジェクトマネジメント、都市計画課、シンクタンクなど様々な分野に広がっています。

建設コンサルタントが持つ技術としては、技術知識と管理技能を要しますので、建設業務系の資格が必須となります。

そして職業分野としても、各種建設事業にあたります。

建設コンサルタントの職業といえば、構造エンジニアや測量士、造園家、環境デザイナーなんかも含まれているのです。

建設コンサルタントは、日本においては国土交通省の建設コンサルタント登録規定に基づいて、国土交通省に登録された企業のことを指します。

仕事内容はというと、建設技術を中心とした開発、防災、環境保護に対しての、計画、調査、設計業務を中心に行っています。

その他、官公庁や民間企業を顧客として、その企業経営や管理技術に対して助言や指導を行っている企業や個人を建設コンサルタントと呼んでいるのです。